口臭

4人に一人が口臭を発している!

舌清掃のススメ

社会的容認限度を超える悪臭をおよそ4人に一人が発しています。

「口臭」とは口や鼻から出てくる「社会的容認限度を超える悪臭」のこと。

なんと、時間帯によっては、およそ4人に1人がこの悪臭を発していると言われています。そこで今回は、1日1回の清掃で効果的に口臭を予防する方法をご紹介します!

朝おきた時に自分自身で口臭を感じたことありますか?

そもそも口臭の最大の原因は「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる、舌の上に白く見える苔のようなもの。

舌苔は、舌や口の皮がはがれたものや、食べかすが舌の組織にたまってできるもので、これが口の中にいる細菌によって分解=腐敗し口臭となります。

この舌苔や腐敗を引き起こす細菌が、寝ている間に増殖し、朝起きた時がピークになります。

最も効果的な口臭予防は「1日1回、

朝に舌のお掃除をすること!」です。もちろん、回数が多いほうが舌苔や細菌も減りますが、舌を痛めることもあるので、やり過ぎは禁物です。

同様に、お掃除の際は毛の硬い歯ブラシなどは避け、子供用の柔らかい歯ブラシ・目の粗いタオルなどでやさしく行いましょう。

また、専用のクリーナーも効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

次の記事

11月院長便り