抜いた方が良い親知らず?

親知らずは前から数えて8番目の歯です。親知らずというと「いつかは抜かなきゃ…」と思われている方も少なくないと思います。

実は親知らずは「抜いたほうがいい」場合がほとんどですが「残すことによるメリット」もあります。

親知らずというと抜歯のイメージが強い歯かもしれませんが、特に何の問題もなく7番目の歯の横に揃って生えている場合は、抜歯は必要ありません。もし虫歯になっても、ほかの歯と同様に削って埋める治療を行います

こういうときは抜いた方が良い?

①智歯周囲炎で繰り返し痛む

智歯周囲炎とは、智歯(親知らず)が原因で起こる歯肉・歯周組織の炎症のことです。これが繰り返されると、やがては隣の歯が溶ける・顎にまで感染が広がる・口が開かなくなるといった症状を引き起こすので、抜歯が必要になります。

②むし歯や歯周病になっている

親知らずは奥の方にあってケアしにくいため、むし歯や歯周病になりやすい歯です。治療をしても、結局ケアが行き届かず再発することが多く、歯周病は周囲にも広がっていくので、抜いてしまった方が良い場合がほとんどです。

③矯正治療をしている

矯正治療をしてせっかく歯並びがよくなっても、親知らずがあるとそれに押されることで、前方の歯の歯並びが再び悪くなってしまうことがあります。こうした場合は年齢や状態などを考慮して、早期に親知らずを抜くことがあります。

親知らずについては、ご自身での判断はできませんので必ず歯科医にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

院長日記

次の記事

院長日記