院長日記

こんにちは。院長の島田です。若葉がまぶしい季節、空も青々として気持ちがいいですね。

ところで、良く晴れた5月の空を「五月晴れ(さつきばれ)」といいますが、実は本来の意味とは違うことをご存知ですか?

旧暦の「五月(さつき)」は現在の6月で、梅雨の時期です。

そもそも「五月晴れ」は「梅雨の晴れ間」を指す言葉でした。

梅雨の貴重な晴れ間を風情ある言葉で呼んだのですね。

ちなみに、現在よく使われる「5月の晴れ渡った空」としての使用方法は本来間違いですが、今ではそれがすっかり定着してしまい、誤用とはされなくなったのだとか。

言葉は時代とともに変化しておもしろいですね。

5月は新生活の蓄積された疲れに加え、月初めの大型連休で生活リズムが乱れ、心身ともに不調が出やすい時期です。

そんな時は歯茎の腫れや口内炎など、思わぬお口のトラブルも出やすいもの。ゆっくり休養を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

GWのお知らせです