*

川西能勢口駅徒歩3分のしまだ歯科医院

スタッフブログ

2020年12月16日 09:56 院長通信 院長ブログ

こんにちは。院長の島田です。

12月を迎え、この1年を振り返りながら新年の準備を進める時期になりました。

新年に向けた準備といえば年賀状でしたが、最近では減少の傾向にあるそうです。

年賀状のやりとりは、平安時代の貴族の間で始まったとされています。平安時代中期に、学者の藤原明衡(ふじわらのあきひら)がまとめた手紙の文例集には、年始の挨拶の文例が記されています。

また、江戸時代には玄関に「名刺受け」を置き、新年の挨拶を書いた名刺を入れてもらうという風習もあったそうです。

そんな昔から年賀状の文化があったとは驚きですね。12月は年賀状だけではなく、色々な準備に追われ予定が立てづらくなりがちです。

また、年末年始はイベントも増え、美味しいご馳走を食べる機会も多くなります。

歯の調子が悪いとせっかくのイベントが楽しめない、ということにもなりかねません。

忙しくなる年末の前に、お早めに歯の治療や定期検診のご予約をされることをおすすめいたします。