*

川西能勢口駅徒歩3分のしまだ歯科医院

スタッフブログ

2019年04月02日 13:46 6歳臼歯について 一般

こんにちは、川西能勢口駅のしまだ歯科医院です☆

春休みシーズンですね、少し肌寒くてお花見が少しひんやりしますね!

さて、新学期に入ると、歯科検診や色んな検診があります。

そこで今回は、生えかわりの大切な歯、6歳臼歯について、更新します。

6歳臼歯とは・・

噛む力が一番強い、大人の歯です。 生え始めの頃は、他の歯よりも背が低く、溝が深いので虫歯になりやすい歯でもあります。

お子様の歯は3歳で20本の乳歯が生え揃い、小学校入学位になると今生えている乳歯の奥にこの“6歳臼歯”という初めての永久歯が生えます。

6歳臼歯は噛み合わせの中心となる歯で、噛む力が強い為、非常に重要な存在です。

6歳臼歯の奥歯は溝が多く、ブラッシングが十分に出来ない為、歯垢などがたまってむし歯になりやすいです。

ですので、 フッ素を配合した樹脂 シーラントをこの溝の部分に塗布してあげることで、むし歯になりにくい歯にします。この溝を埋めるのをフィッシャーシーラントと言います。

永久歯は乳歯と違って次はありません!

ですので、生えかわり時期は、歯科医院の検診を受診する事をオススメします。

子供の大切な歯。親御さんと歯科医院でしっかりと守ってあげましょう(^^)

川西市 しまだ歯科医院