*

川西能勢口駅徒歩3分のしまだ歯科医院

*"

スタッフブログ

2018年12月25日 10:45 歯の根の治療 歯科

こんにちは、しまだ歯科医院です。

 

2018年、最後のブログとなりました!

 

今回は、歯の根の治療について更新します(^^)

むし歯が進行して神経がむし歯菌に侵されると、ひどい激痛におそわれ、神経を取り除く治療が必要になります。

しかし、神経は図のように「根管」と呼ばれる歯の根っこに入っています。

 

そのため、むし歯菌がこの根管全体に広がっている可能性があり、単に神経を取るだけでは、またむし歯になってしまいます。

 

そこで根管をしっかり掃除し、さらに薬を詰めやすくするため、形を整えなければなりません。

 

それが「根管治療」です。図のように根管は太くてまっすぐに見えますが、実際には0.5㎜以下と細く、さらに曲がっていたり、枝分かれしていたりすることも珍しくありません。

 

もちろんはっきりと見えるわけではありませんから、実は「根管治療」はとても緻密で難しい治療なのです。

日本では「根管治療」を保険でうけることができます。

 

しかし、これはとても珍しいことで、多くの国では「自由診療」になります。

 

その額、10万円以上ということも…。つまり、海外では費用の問題から「根管治療」ではなく、より費用のかからない「抜歯」が選択されることも一般的です。

 

「根管治療」は途中で中断してしまう患者さんが多い治療のひとつでもあります。

 

たしかに精細な動きで音もないため「地味」に見えるかもしれませんが、もし根管内に細菌を取り残せば、確実にあとで病気を引き起こします。

 

そのとき、歯を残せる保証はありません。「根管治療」は保険でできる貴重な温存治療です。

 

豊かな食生活を一生続けるためにも、ぜひ最後まで治療を受けてください。

 

それでは2019年もどうぞ宜しくお願い申し上げます☆

 

川西市 しまだ歯科医院

 


2018年10月15日 10:46 クレンチングにご用心!!? 歯科

こんにちは、しまだ歯科医院です。

秋ですね♪

 

少しづつ体調を壊されている方が増えてきた様な気がします(><)

 

十分に気を付けて下さいね。

 

さて、今回はクレンチングについて更新します。

 

みなさんは、1日で「歯が噛み合っている時間」はどれくらいあると思いますか?

 

実は、歯と歯は普段は「噛み合っていない」のが正常。常に顎が浮いたように上の歯と下の歯に隙間が開いています。

 

歯と歯が触れるのは、食事のときと話をするときぐらい。その時間は1日でせいぜい5分から20分程度と言われています。

 

しかし、食事の何倍もの時間を、なんと無意識に噛み締めている場合があります。

 

無意識にといっても優しい力なんかではありません。大変なことに、食事の時の何倍もの力で噛み締めてしまうのです。

 

これを「クレンチング」といい、無意識にしてしまうので、自分でも気づいていない方がたくさんいます。

 

クレンチングは多くが無意識のうちに行われます。

 

寝ているときはもちろん、起きているときも何かに集中していると知らず知らずのうちに噛み締めてしまっている方は少なくありません。

 

自覚が無いことも多いので、まずは下のリストでセルフチェックしていただき、心当たりがあるようならぜひ早めに歯科医院に相談してください。

 

チェックリスト!

 

□ 歯の噛み合わせ面が磨耗して平らになっている

□ エラの部分の筋肉が張っている。筋肉の痛みを感じる

□ 歯と歯肉の境目にくさび状に削り取られたような傷がある

□ 耳の穴1センチ手前にあるあごの関節を押すと痛みがある

□ 頬の内側に白い線がある

□ 舌のふちに歯型の痕がついている

□ 下あごの内側の骨が盛り上がっている

□ 上あごの口蓋(こうがい)の中央が盛り上がっている

 


2017年05月21日 22:47 歯科検診に行ってきました 歯科

先週、園医をしている川西市内の保育園へ、歯科検診に行ってきました。
0歳から5歳までの、約130名近くの元気なこどもたちを診てきました。
みんな本当に上手にお口をあけてくれました。
お陰でとてもスムーズに検診をすることが出来ました。
毎日しっかり歯みがきをして、むし歯を予防しましょう。

 


2016年09月15日 22:55 高齢者診療へ行ってきました 歯科

今日は、川西市歯科医師会の仕事のひとつでもある、高齢者診療へ行ってきました。
場所は川西市の「ふれあい診療所」です。

ここで僕は月に1回、ご高齢者や病気で、一般の歯医者さんに通院できない患者さんを治療しています。

今まで、ほとんどの歯を失って、食べることもままならないおじいちゃんがいました。

入れ歯を入れてから色んな物を食べられるようになり、顔色も良くなって笑顔が出てこられているのを見て、僕も嬉しくなりました。

ご家族のかたが、何度も感謝の言葉を述べられていらっしゃいました。

歯医者冥利につきるなあと、僕も本当に嬉しく思いました。
明日からまた、しまだ歯科医院でも同様に、スタッフ一同全力で、仕事に取り組んでまいります。

hare-100129_640


2015年02月02日 08:00 1才半検診 歯科

先日、1才半検診に行ってきました。
2時間程度でしたが、たくさんのお子さんの検診を行いました。
泣いてしまう子もいれば、へっちゃらな子もいて、
毎回にぎやかにあっという間に、時が過ぎます。
この時期は、あまり虫歯の心配はないので、こうした年齢の節目の
検診を利用して、虫歯や歯並びの管理をしてあげましょう。
気になることがあればご相談下さい。いつでもお待ちしています^^


2014年03月18日 13:47 3才児検診 歯科

久しぶりの更新です。
気がつけば、もう春がそこまでやってきていますね!
花粉症で目がショボショボしますが、春の訪れはとても
待ち遠しいです。

1月、2月は検診へ行ったり、歯科医師会の資料を作ったりで少しバタバタしていました。
保健センターで行われた3歳児検診では、子供達の虫歯の有無や、噛み合わせ、その他口腔の
チェックをしてきました。

3歳頃になると乳歯はほぼ生え揃い(20本)、乳歯列が完成します。
虫歯を持っている子供の数は少ないですが、保護者の方のお話を伺っていると子供がイヤイヤをして、
歯磨きをさせてくれないことが多いようです。
泣く子供を押さえつけて無理やり磨くのではあまり意味がありません。
歯磨きを好きになってもらうのが一番です。

嫌がる原因として歯ブラシが歯肉や口の中の粘膜に当たって痛い、つばが溜まって飲み込めなくて苦しい
などがありますが、歯ブラシを優しく口の中に入れて軽く動かすだけでOKです。
子供にとって気持ちよく楽しい時間になればいいのです。
口の中をキレイにする習慣が自然に身につくように楽しい歯磨きタイムであってほしいものです^^


2011年11月26日 12:00 川西警察署にて歯科講演 歯科

11月24日に、川西警察署に『本当は怖い歯の病気』と題して
歯科講演に行って参りました。
ん?・・・どこかで聞いたことのあるタイトルですね^^;

 

警察官は仕事柄、生活が不規則になりがちです。
だから歯科検診に行く時間が少ないようです。

今回は歯を失う原因の多くを占める、虫歯と歯周病予防について
講演させていただきました。
前半は講義で、後半はスライドで使って説明しました。
これを機会に歯に関心を持って、定期健診に行っていただけたら
嬉しいです。

 

それにしても、70名程の警察官が勢ぞろいした光景は
圧巻でした!