*

川西能勢口駅徒歩3分のしまだ歯科医院

スタッフブログ

2019年11月05日 11:15 デンタルフロス☆ デンタルグッズ

こんにちはしまだ歯科医院です。

11月に入って朝晩冷え込む様になりました。

インフルエンザの予防接種もピークになるかと思います。

手洗いうがい、歯磨きをして口腔内を清潔にすると感染症にかかりにくいと言われています。

今日は歯ブラシの際に必需品のデンタルフロスの更新します☆

デンタルフロスとシカンブラシのよくある質問

歯間ブラシには、歯と歯茎の隙間の大きさにあわせいくつかのサイズがあります。また、I字とL字のタイプがあり、一般的には前歯はI字、奥歯はL字が使いやすいとされています。

Q1 フロスと歯間ブラシ、どちらを使えば良いの?

歯間ブラシにはいくつかのサイズがありますが無理なく動かせるサイズにしましょう。一番小さいサイズが入らない場合は無理に使用せずフロスを使いましょう。お口の状態によっても変わりますので詳しくはご相談ください。

Q2 フロスと歯間ブラシは使い捨てですか?

フロスは使い捨てです。歯間ブラシは毛先が痛んだり、曲がってしまうまで使用できます。ただし毎回しっかり洗って、乾燥させてください。

フロスは歯ブラシでは行き届かない細かい隙間のお掃除をしてくれる優れものです(^^)

使い方がいまいち分からない、うまく使いこなせないという方は検診の際にご相談下さいね☆

それではまた更新します(^^)

Q3 使用すると出血するけど大丈夫?

出血の原因はプラークの中にひしめく細菌が引き起こす歯茎の炎症です。つまり、フロスなどをきちんと使い続けて清潔になれば出血は治まってきます。ただし、しばらく使って治まらない場合は歯科医院にご相談ください。