*

川西能勢口駅徒歩3分のしまだ歯科医院

スタッフブログ

2020年05月19日 14:36 中高年に多いむし歯

こんにちは、しまだ歯科医院です。

「むし歯」といえば歯の「噛み合うところ」や「表面」にできるイメージがあるかもしれません。しかし、年をとるにつれ、思いもよらないところにむし歯ができるように…。

しかも自分では気づきにくく、発見したときには手遅れのケースも多い。そんな「大人むし歯」についてご紹介します。

大人むし歯①

根面むし歯

簡単に言えば、「歯の根」の表面にできるむし歯です。歯の根は本来歯ぐきの中に覆われていますので、むし歯にはなりにくくなっています。しかし!実は加齢や歯周病によって、歯ぐきが少しずつ下がってきます。

すると、歯の根が露出してしまうのです(歯が長くなったようにも見えます)。しかも、歯の根の表面は非常に弱いため、しっかりケアしないと、いとも簡単にむし歯になってしまいます。

大人むし歯②

二次むし歯

一度治療をして「つめもの・かぶせもの」などをしたところはもう安心!と思っている方がいらっしゃいますが、これは大きな間違いです!

むしろ、そうしたところの方が、もう一度むし歯になる危険性が高くなります。

「つめもの・かぶせもの」は精度も高く、強力に接着されています。

しかし、人工物である以上、毎日の食事などで使用されていれば、どうしても隙間や段差などができてしまいます。

こうした隙間からできてしまうのが「二次むし歯」です。

気が付きにくい大人のむし歯!

年齢とともに歯の神経を取り囲む「象牙質」が厚くなるため、根面むし歯になっても痛みを感じにくくなります。

二次むし歯も、もし歯の神経をとってしまっていると、やはり痛みを感じにくく、いずれのむし歯も「気づいたときには相当進行している」ことが珍しくありません。

これらを防ぐには、やはり正しいケア、そして、定期的な歯科医院でのチェック。これ以外に方法はありません。

来院の際にケア方法の指導や予防処置もしますので、むし歯はもちろん、歯ぐき下がりの原因になる歯周病も防ぐことができます。

ぜひ定期的なご来院をおすすめします。


2019年07月23日 13:32 歯の本数と人生の豊かさ


こんにちは、しまだ歯科医院です。

皆さんは「8020(ハチマルニイマル)運動」という言葉を聞いたことがありますか?

これはなんでもおいしく食事をするために「80歳になっても20本以上の歯を保とう」という運動です。

歯が多いことは、実は食事だけでなく、健康で豊かな人生を送れるかどうかにも深く関係しています。

お煎餅・お肉・イカなど、「歯ごたえがあるからこそおいしい」という食べ物がたくさんあります。

しかし下のの表にあるように、歯が少なくなると、食べられるものがどんどん限られていきます。

好きなものをおいしく食べられることは、豊かな人生には必要不可欠。歯は20本以上あれば不自由なく食事ができますので、まずは20本以上維持することを目指しましょう。

歯が多ければ健康寿命も長くなる!?

「健康寿命」という言葉を聞いたことがありますか?「健康寿命」とは「元気で健康に自立して過ごせる期間」です。

豊かな人生を過ごすためには、単に長生きするだけでなく、「健康寿命」を長くすることが大切です。

実はこの「健康寿命」にも歯の本数が関わっていることがわかってきています。たくさん歯が残っている人ほど「寿命」も「健康寿命」も共に長くなります。

健康で長生きをするためにも歯はとても大切です。

歯の本数は「認知症」や「転倒リスク」とも関連しています。「歯がまったく無く、入れ歯などもしていない人」は「歯が20本以上ある人(※歯がなくても入れ歯により噛み合わせが回復している人も含む)」に比べて、認知症の発症リスクが1.9倍も高くなるという調査結果があります。

また、「歯が19本以下で入れ歯をしていない人」は「20本以上歯がある人」と比べると、転倒リスクが2.5倍という結果も。

転倒をきっかけに寝たきりになってしまう高齢者は非常に多く、「認知症」とあわせてここでも「健康寿命」と歯の本数との関連性が見えてきます。

それではまた更新します☆