*

川西能勢口駅徒歩3分のしまだ歯科医院

*"

スタッフブログ

2018年02月13日 09:02 歯周病が全身疾患に関係ある?! 歯周病

こんにちは、しまだ歯科医院です。

 

前回に引き続き、歯周病の記事を書いていきたいと思います^^

 

しかし寒い日がまだまだ続き、毎朝お布団から出るのが嫌になりますね(^^;)

 

 

近年、口腔内の小さな傷から血管内に入り込んだ歯周病菌が様々な全身疾患に関係している事が分かってきました。

 

 

 

その中にはメタボのリスクとしてあげた心・脳血管疾患や糖尿病なども含まれます。

 

 

糖尿病が歯周病を悪化させ、さらにその歯周病菌が糖尿病を悪化さえる・・という負のスパイラルがあることや、動脈硬化をおこしている血管から歯周病菌が見つかったという報告もされています。

 

 

妊婦さんの歯周病は早産や低体重児出産の様なリスクも報告されています。

 

しまだ歯科医院では、妊婦さんの検診も行っていますので、是非ご相談下さい♪

 

 


2018年01月29日 15:52 歯周病予防でメタボ解消! 歯周病

こんにちは、しまだ歯科医院です。

今回は、メタボと歯周病の関係の事を書きたいと思います。宜しくお願いします(^ ^)

「最近お腹が出てきちゃって、、」と、鏡を見ては溜息をついている方も多いのではないでしょうか?

メタボの判断基準はきちんと決まっており、日本では以下の通りとなります。

 

メタボを放っておくと、動脈硬化が進んで血流が悪くなり、脳血管疾患、心血管疾患、糖尿病など命に関わる病気のリスクが高まります。
実際に、肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)のうち、いずれかひとつ持つ方は、何も持たない方に比べて心疾患になる危険性が約5倍であり、3〜4つ持つ方はは、その危険性が約36倍に跳ね上がるという研究結果があります。

では、歯周病予防とメタボ解消がどう繋がるのでしょうか?

実は歯周病を予防する事で大きな鍵は、単純明快で、「良く噛んで食べること!」なんです。
良く噛むと、唾液がたくさん出て、食べかすが歯につきにくくなり、歯周病予防になるんです!

更に、良く噛む事によって、脳内の「満腹中枢を刺激してエネルギーを消費させる物質(神経ヒスタミン)」が活性化され、メタボの予防になるという事です。

一口につき30回噛む事を目標にして、歯周病予防とメタボ解消を目指しませんか(^^)

 

 

今日はここまでで、また更新します(^ ^)