*

川西能勢口駅徒歩3分のしまだ歯科医院

*"

スタッフブログ

2018年11月28日 13:38 歯科助手の募集です^_^ 一般

こんにちは、しまだ歯科クリニックです。

さて、当院で一緒に働いてくれるスタッフさんの募集です(^^)

当院で、受付業務及び歯科助手として働いてくれる方を募集します。
男性の方もお気軽にご応募ください。

職種 歯科助手・受付

アルバイト、パート

経験は問いません。

給与 時給900円以上

勤務時間 平日・・・14302030 

» 34日程度入れる方歓迎します。

» 時間・曜日応相談、平日午後入れる方優遇です。

お問い合わせはお電話にてご連絡お願い致します

ご応募お待ちしております(^ ^)


2019年03月20日 14:30 ご予約に関するお願いです お知らせ

こんにちは、川西能勢口しまだ歯科医院です。

ご予約に関するお願いです

当院は完全予約制です。

できるだけ多くの患者様に治療を受けていただく為にご予約の日時を変更されたい場合や、キャンセルされる場合は、お手数ですが前日までにお電話にてご連絡下さいます様お願い申し上げます。

キャンセル待ちをしている別の患者様もいらっしゃるので、キャンセルが分かり次第お早めにお電話をいただけると幸いです。

沢山の患者様により快適に通院して頂く為に、皆様のご協力の程、宜しくお願い致します。

川西市 川西能勢口 しまだ歯科医院


2019年03月05日 14:27 4月休診のお知らせです 一般

こんにちは、川西能勢口しまだ歯科医院です(^^)

すっかり春めいてきましたね^_^

当院の4月の休診のお知らせです。

4月6日(土)歯科医師公務の為、休診します。

4月10日(水)午前の診療を歯科医師公務の為、休診します。午後は診療します。

4月13日(土)歯科医師公務の為、休診します。

※連休のお知らせ

4月28日~5月6日まで休診とさせて頂きます。

川西市 川西能勢口 しまだ歯科医院


2019年02月15日 11:05 歯が溶ける?? 一般 歯科

こんにちは、川西能勢口のしまだ歯科医院です。

歯が溶ける飲み物をご存じですか??

歯は酸に非常に弱く、摂取し続けると写真のように歯が溶けてしまいます。

これを酸蝕症といいます(むし歯とは違うものです)。

下の絵は酸性度が高く、歯を溶かしやすい飲食物です。

上にある飲食物を過剰に摂取したり、だらだら飲んだり食べたりするのを控えましょう。また、摂取したあとは、うがいをしたり、水やお茶を飲んだりして洗い流しましょう。

このように、飲み物だけでなく、食べ物も摂取し続けると酸蝕症の原因となります。特に夏は炭酸飲料やスポーツドリンクなどを飲む機会が多いので、十分注意が必要です。また、逆流性食道炎などによる嘔吐(おうと)での胃酸も酸蝕症の原因になります。

酸性度の高い食べ物による酸蝕症、 嘔吐の胃酸による酸蝕症



気づきにくい酸蝕症

酸蝕症はむし歯のように一本だけ進行するのではなく、広い範囲で少しずつ進行するケースが多いです。

なかなか気づきにくいので、「酸蝕症による症状」をご覧いただき、もし該当す

るものがあれば、進行する前に早めにご相談ください。


2019年02月01日 10:55 節分 院長ブログ

こんにちは。院長の島田です。毎日寒い日が続いていますね。

2月といえば節分ですが、なぜ「鬼」に「豆をまく」のかご存じですか?

そもそも節分は本来「季節の変わり目」のこと。

1年に4回ある変わり目(立春・立夏・立秋・立冬)の前日、ひいてはその中でも1年の始まりとして特に重要な立春の前日を「節分」と呼ぶようになりました。

昔は季節の分かれ目には「邪気」が入りやすいと考えられていたため、古来より邪気をはらう力があると考えられていた穀物(大豆)を、病気や災害を呼び込む邪気(鬼)にぶつけ、一年の無病息災を願うようになったそうです。

今はインフルエンザやノロウイルス感染症もピークの時期です。

「鬼は外!福は内!」と元気いっぱい、大きな声で言って、鬼を追いはらいましょう!

もちろん、マスク・手洗い・うがい・休養といった基本的な予防もお忘れなく…。


2019年01月20日 12:58 抜歯には意味がある?? 一般

こんにちは、しまだ歯科医院です。

さて、今日は抜歯についての記事を更新します。

 

歯は大切な体の一部。ですから「抜歯」と言われると「本当に抜かなければならないの?」と思いますよね。

 

そこで、抜歯が必要になる3つのケースについて解説します。

 

1、むし歯が進行している場合

 

むし歯が進行しボロボロになった歯をそのまま放置すると、細菌に感染し、歯を支えている骨が溶ける・歯ぐきが激しく痛むといったさまざまなトラブルの原因となります。また、歯の根の先端が細菌に感染して膿がたまっている場合も、骨などへの感染を防ぐため歯を抜くことがあります。

 

2、歯周病が進行してしまった場合

歯周病は細菌によって歯を支える骨が溶けてしまう病気です。むし歯のように、歯そのものが悪くなるわけではないので、「抜かなくても…」と思いますが、歯がぐらぐらするほど歯周病が進行=そこにはたくさんの細菌が生息しているということであり、その歯をそのまま残しておくと周辺の健康な歯までもが歯周病に侵されてしまう恐れがあるのです。

 

そのため、歯周病でぐらぐらになった歯は将来のお口の健康のために抜かなければなりません。

 

3、歯の根っこが割れ、ヒビが入ると、そこから細菌が入り込みます。すると歯の神経が細菌に侵され激しく傷んだり、歯ぐきが腫れる、顎を支える骨が溶けるといった症状の原因となります。

 

まずはヒビの修復を試みますが、毎日の食事などで歯に衝撃が加わるため、どうしてもふさぎきれないことがあります。このような場合は、周囲への影響を考え抜歯を選択することがあります。

 

歯科医院は、どのようなときもまず「歯を残す」ことを第一に考え、最大限の努力をします。

 

しかし、無理に歯を残すメリットよりも、お口全体で考えた時のデメリットの方が大きいという場合、抜歯を選択します。抜歯は単にその歯を抜くだけでは なく、皆さんの健康を守るために必要な処置ですので、どうかご理解くださいますようお願いします。

 

それではまた更新します(^^)

 

川西市 しまだ歯科医院


2019年01月05日 09:40 2019年も宜しくお願い申し上げます。 一般

明けましておめでとうございます☆

 

2018年は沢山の患者様に来院頂き、ご縁のあった素晴らしい1年でした。

 

2019年も、安全に安心に治療を提供できる様、精進致しますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

川西市 しまだ歯科医院


2018年12月25日 10:45 歯の根の治療 歯科

こんにちは、しまだ歯科医院です。

 

2018年、最後のブログとなりました!

 

今回は、歯の根の治療について更新します(^^)

むし歯が進行して神経がむし歯菌に侵されると、ひどい激痛におそわれ、神経を取り除く治療が必要になります。

しかし、神経は図のように「根管」と呼ばれる歯の根っこに入っています。

 

そのため、むし歯菌がこの根管全体に広がっている可能性があり、単に神経を取るだけでは、またむし歯になってしまいます。

 

そこで根管をしっかり掃除し、さらに薬を詰めやすくするため、形を整えなければなりません。

 

それが「根管治療」です。図のように根管は太くてまっすぐに見えますが、実際には0.5㎜以下と細く、さらに曲がっていたり、枝分かれしていたりすることも珍しくありません。

 

もちろんはっきりと見えるわけではありませんから、実は「根管治療」はとても緻密で難しい治療なのです。

日本では「根管治療」を保険でうけることができます。

 

しかし、これはとても珍しいことで、多くの国では「自由診療」になります。

 

その額、10万円以上ということも…。つまり、海外では費用の問題から「根管治療」ではなく、より費用のかからない「抜歯」が選択されることも一般的です。

 

「根管治療」は途中で中断してしまう患者さんが多い治療のひとつでもあります。

 

たしかに精細な動きで音もないため「地味」に見えるかもしれませんが、もし根管内に細菌を取り残せば、確実にあとで病気を引き起こします。

 

そのとき、歯を残せる保証はありません。「根管治療」は保険でできる貴重な温存治療です。

 

豊かな食生活を一生続けるためにも、ぜひ最後まで治療を受けてください。

 

それでは2019年もどうぞ宜しくお願い申し上げます☆

 

川西市 しまだ歯科医院

 


2018年12月06日 11:01 年末年始に向けて・・ お知らせ

こんにちは、しまだ歯科医院です。

 

年末年始に向けて、検診、歯のお掃除をお勧めしています。

 

綺麗な歯と歯茎の状態で是非、新しい年を迎えて下さい。

 

年末に向けて御予約のご案内が取りにくくなっておりますので、お早目のご予約をお勧め致します。

 

川西市 しまだ歯科医院


2018年11月01日 10:51 睡眠時無呼吸症候群 一般

こんにちは、しまだ歯科医院です。

 

今回は、睡眠時無呼吸症候群のお話です。

 

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に呼吸が止まってしまう病気。

 

日中の眠気など、表にあるようなさまざまな症状を引き起こします。

 

居眠り運転の原因にもなるなどその影響は深刻です。

居眠り運転が5倍に!?

 

 

主な症状

 

・起きた時にすっきり起きられず、熟睡感がない

 

・集中力が続かず、いつも疲労感がある

 

・日中、強い眠気に襲われる

 

実は眠気だけが問題ではありません。

睡眠時無呼吸症候群の症状が重くなると、脳卒中・脳梗塞発症リスクが3.3倍、高血圧のリスクが2.89倍、不整脈(心房細動)の発生頻度が4倍以上、さらに糖尿病リスクも高まるという報告もされており、全身疾患とも密接な関係があります。

 

治療について

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に呼吸が止まってしまう病気。日中の眠気など、表にあるようなさまざまな症状を引き起こし、居眠り運転の原因にもなるなどその影響は深刻です。

就寝時にCPAPと呼ばれる空気が送られてくる鼻マスクをつける方法

 

就寝時にマウスピースをつけて気道を広くする方法(歯科で対応できる場合もあります)

 

外科的手術による方法

 

潜在患者数は300万人ともいわれ、気づいていない方もたくさんいらっしゃいます。

高血圧をはじめとするさまざまな生活習慣病とも関わっていますので、寝覚めの悪さや日中の眠気などの症状に心当たりのある方は、ぜひ受診されることをおすすめします。